よくある質問

HOME > よくある質問

ご回答一覧

  • Q1. タイヤの交換はすぐしてくれるの?

    A1. 交換作業につきましては、予約制にて対応させていただいております。
    電話やWEBから予約をお願いいたします。
    予約外での作業は、その時の作業状況に応じて対応させていただきます。

  • Q2. タイヤのパンク修理だけでもやってくれるの?

    A2. パンクの具合にもよりますが、パンク修理作業を承っております。
    状態によっては交換をオススメする場合がございます。
    スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。
    詳しい内容については、『タイヤのパンク修理』をご覧ください。

  • Q3. 新品のタイヤ・ホイールは扱っていますか?

    A3. 一部新品は常時在庫がございます!
    他にも各国内メーカー、海外メーカー、格安アジア系メーカーもお取り寄せ注文できます。
    気軽にご相談ください。

  • Q4. タイヤの処分料はいくら位かかるの?

    A4. タイヤのサイズ、種類によって金額が変わりますので一度お問い合わせください。(例)軽自動車 廃タイヤ処分料 385円×本数

  • Q5. 土、日曜日はやっていますか?

    A5. もちろん営業しております。
    休業日につきましては、ページ下部の営業日カレンダーをご覧ください。

  • Q6. 営業時間は何時まで?

    A6. 営業時間は月〜土曜日は9:00〜17:00までとなっております。
    日曜日は9:00〜16:00までとなっております。
    お気軽にお問い合わせ、ご来店ください!

  • Q7. ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの違いをおしえてください。

    A7. ノーマルタイヤは新車時に着いてたり、一般的に普段使用しているタイヤです。夏タイヤとも言われます。
    スタッドレスタイヤは主に冬場に使用し、雪道や氷上を走行するときに使用するタイヤです。
    スタッドレスタイヤはゴム質が夏タイヤより軟らかいため夏場などは消耗が激しいです。
    今は夏、冬兼用のオールシーズンタイヤと言うものがあります。

  • Q8. 中古タイヤだとすぐに買い替えばければいけなくなりませんか?

    A8. 新品タイヤの走行距離は、使用状況によっても異なりますが、およそ32,000kmと言われております。
    中古タイヤでは、使用状況によって異なりますが、高品質な物で25,000kmぐらい使用可能ではないかと思われます。
    中古タイヤでも比較的長く使用できます。

  • Q9. 夏タイヤとスタッドレスタイヤを履き替える時期はいつがおススメですか?

    A9. 履き替えの時期については地域や使用状況によっても異なりますが、当店がある関東地域は、早期取付の10月〜11月ぐらいがおススメです。
    12月になるとスタッドレスタイヤの在庫も少なくなり、また、作業が混みあう事が予想されるので、必要な時に使用できない恐れもございます。
    街中での走行が多い方では、早めに交換してもタイヤの寿命にそこまで影響はでないと思うので安心して交換しに来てください。

  • Q10. タイヤメーカーが沢山あってどれを選んでいいかわかりません。

    A10. 国内、海外合わせて何十社とあり、また各メーカー特徴があるので、知識が無い方にはどのタイヤを選んだらいいか分かりませんよね。
    メーカー内でも特徴のあるタイヤがラインナップされてますので、色々なメーカーを扱っているタイヤ屋さんだと正直どれを装着しようか迷います。
    タイヤの事は、タイヤのプロがいる専門店に気兼ねなく相談してもらえれば大丈夫だと思います。

  • Q11. ローテーションって何ですか?

    A11. ローテーションとは、前後左右でタイヤの位置を変更してタイヤの寿命を伸ばすことです。
    なぜローテーションが必要かというと、前輪のタイヤと後輪のタイヤと減り方が異なるため、
    そのまま使用し続けると、タイヤの寿命を早めてしまいます。だからローテーションが必要なのです。
    タイヤの種類、サイズによっては前後左右のローテーションができない物もございます。
    詳しくはスタッフまで気軽にお尋ねください。

  • Q12. 空気圧の確認はどのくらいの頻度で行ったらいいですか?

    A12. 空気圧の点検を頻繁に行っている人は少ないかと思います。
    実は空気圧の点検は、日常点検で非常に大事な項目であり、特に、長期休みでの長距離ドライブ前の点検は絶対に行ってください。
    空気圧の低下で長距離走行をすると、高速走行時にタイヤがパンクしやすくなります。せっかくの楽しいドライブが台無しです。
    減っても減っていなくても、月に1回の空気圧の点検は行ってください。
    チェックした際に空気の出口から漏れが無いかの点検も忘れずに!ここから漏れる事も多々あります。

© 2006-2021 AIRIN.